生ちびこ

帰省して生後六ヶ月の生チビ子見せてもらってきました。
仔犬の時より、顔もちょっぴりメスっぽくなって。しかし、動きが話に聞いていた通り俊敏で、ほんとにまあ、よく走る、飛ぶ。体型は今は縦に伸びたり横に伸びたりする時期なのでなんともいえないけど、足も胴も長いLenkaが六ヶ月の時とは明らかに違う。

所長さん相手に脱走を試みたり、扉に体当たりしてアピールしたり(鉄製の扉なんですが・・・)、荒くれ者ぶりを発揮しているらしく、そういえば、うちにいるまだ一ヶ月もたたない頃にラバーマットで作った高さ70センチほどのバリケードを母親と同じように飛び越えようとして、勿論叶わず、ぎゃーぎゃーわめきながら何回も体当たりしてる姿を思い出してしまいました。因みに、ラバーマットはそのうちへしゃげて、満面の笑みを浮かべながらいつの間にかわたしの足元にいたりするのですが。
お腹が強いらしく、また歯もすでに生え変わってしまったそう。はやいなー。

訓練も見せていただきました。

生をこの目でじっくり見たかったので、今回はビデオも写真も撮らず。
訓練の様子はチビ子のお父さん犬インディ君の飼主さんであるラムジーさんのブログから観られます。
わたしが見学した日よりも数日前に撮ったものかな。


日常生活でも非常に明るい性格らしく、嬉しい報告でした。もう何頭か生まれていると、体型も性格や性質も兄弟達と見比べることが出来るのだけど、一頭だけだとわかりづらくて残念。
なんて話をしていると、所長さんにこういわれました
「元気なんは確かや」

一番嬉しい言葉です。
スポンサーサイト

ちびたくん(♀)近況

ベルギー経由で写真が届きました。
京都は38度とかいうので、内心だいじょうぶだろうか・・・とおもってたところでした。
肉もちゃんとついてきて、元気そう。。。。(感涙)

目の輝きがなんともいえん~。
刺青もはいって、耳、もう立ってるんですねー。はー、どんどんシェパードになっていくなぁ。
やんちゃそう。。。


お知らせありがとうございます>M所長さん

暑さにめげるなちびたくん

巣立ち

先週末、わたしのの実家に帰りがてら、Lenkaの実家にも寄ってちび子を置いてきました。

ちび子と一緒の最初で最後のロングドライブ。ここでも、ちび子の順応性のよさと肝のすわりかたにびっくり、嘔吐もなければ、お漏らしもなく、しかも、SAでちょこっと出してあげると母犬よりも早く用が足せてしまう。えらすぎ。この月齢のしかも雌だと、そんな見知らぬところでできないでしょー。ただ、夜中とはいえ、夏休みの休日前日で、どこも結構な雑踏、いろんな人についていこうとするので、こっちが焦りました。
このかわいさなので、皆さん笑ってくれますが。

連れて行くなり、所長さんには「いい顔してる」と言っていただけ、訓練をしてじっくり様子を観てくださるようです。シュッツ犬養成プログラムが、すでに始まっているらしい。(?)
ま、かなりうるさい奴で、「近年まれに見ぬうるささ」とも評されましたが、あの、時に母犬と渡り合おう(?)とする自我の強さと、さーねんねの時間だよとサークルに入れても「まだ遊ぶしー出せー」と小一時間ほどわめき続ける仔犬とは思えない粘り強さを、是非とも訓練の中でプラス要素として開花させて欲しいなぁと思います。


いつか、ちび子改の観戦が出来ることを夢見て。


とりあえず、山だー。キャンプだー。

乳離れ

只今離乳期間中。
パピーフードをふやかしてどろどろにしたモノ、どうにも食いが悪くてどうしたもんかとおもっていた一週間前、Lenkaががぶ飲みする水を入れた食器に首を突っ込んでいったちび子。水を飲む、というか、飲む行為を真似ている感じか。そうこうするうちにLenkaが食餌をしている食器に首を突っ込むようになった。今度は軽く唸られながらも食べる。といってもふやかしていないので、食べる真似をして一緒に入れた水を飲んでいる感じ。やっぱり、わらわらと複数頭いっしょに食べながら競合していくのって大事なんだよなぁ。真似したり、争ったり、それに釣られてみたり、多頭数で生まれるということは、そうやって、新しい環境に慣れる子だけ生き残る仕組みなんだろう。
とにかくこれは使えると思って、ちびの食餌にはLenkaに協力してもらうことにしてみた。
ということで、Lenkaの食餌も、ふやかす、五回に分ける。
食べる食べる。しかも日々、というより刻々、食べるのが上手になる。一気に食べる量が増えて、ちと便がゆるくなってしまった。もともと食欲はある子だけに、調節が難しいなぁ。けど、この頃からLenkaも完璧に授乳拒否してるようなので(その前段階としては、産箱では授乳、そこから出たら拒否というように場所よって分けていた様子だ)このままちゃんとお腹がこなれてくれたらいいな。
因みになんだけど、Lenka自体が授乳を避けるようになると同時に、おえっおえっと吐き戻すようなそぶりが見られました。わー、ほんとにやるんだな・・・と、また感心してみたり、繁殖は発見と確認の連続なのだ。
この時期お腹壊すと成長に影響するだろうし補助的に調整ミルクも与えているけど、これがなくても大丈夫になったらそろそろチビも巣立ちかな。一旦、Lenkaの実家に帰ります。
TS3O00010001.jpg
一頭しかいないからオットリしてるかと思えば、Lenkaが教育する様子をみてると意外と結構気が強いなぁとおもったりもする。最近人に付いてくるようになり、また甘えてくるのでめっぽうかわいい。ただし、お祝いに来てくれた友人など知らない人がきたときには少し様子を伺うという頭を使う側面も出てきた。そのあと出てきて歓迎噛み付き。
最初は戸惑っていたキッチンからリビングへの段差が、頑張れと励ましつつ降りれるようになったのだけど、そうすると「褒めてー」と来るようになった。こんな小さいのに褒めがわかるのか?と思うけど、「ようやったな」と体側をポンポンしてやるとご満悦の顔をしている。ま、これもあんまりこちらがにやけていると、がぶっとやられるのだけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。