『前進』 はじめました

暑くなってきてメニューに加わったのは冷やし中華と前進。

一週間前からはじめたのだけど、わたし的には初回からとてもいい感触なので練習の楽しみが一個増えた感じ。Lenkaもコレが大好きらしく、練習最後のお楽しみメニューになったらしい。走らせる直前にボールを置きにいくぶんには、迷ったり振り返ったり躊躇することが無いので、昨日、伏臥をかけて止めてみた。一週間連続で取りに行かせるだけだったのでちょっと予想外だったらしく一回目は止ってこちらを見、二回で伏臥。
今日の練習では、昨日の練習ミスを早いトコ払拭するためにも、一回目犬と一緒にいってまず確実に伏臥、一回目の反応が良かったので信頼して二回目は途中から犬だけ行かせて近いところから伏臥。OK。三回目は伏臥ナシで目標までいかせてパッドを取らせた。Lenkaのえらいところは、ハンドシグナルの大まかな意味を小さい頃に覚えてくれたこと、伏臥をかけられることがあると分かり始めてもスピードが落ちないことかな。もう少しやって変な癖が出ないようだったら、早い目に意識付けの順番をかえてみよう。
どうかこのまま変なこと覚えませんように。

スポンサーサイト

メモ

ひたすら防衛中の服従の練習。防衛中の脚側停座位置は普通の脚側よりも後ろ目に教えているはずが、気が緩むと前足がでて、さらに肩も出てしまう。歩き出すとさらになし崩し。対面での護送の練習はわたしがすでにやったことのない域に入っているので、どうも全体像が見えず、表面的な形をなぞること、つまりは、わたしがヘルパーについて前に歩くことばかりを考えてしまっている。結果、歩きながらガチガチとするだけでいまひとつ教えたいことがLenkaに伝えられていない。間違っているときには即座に正しながらも、力で寄せるのではダメらしい。う~ん。

歩様

最近河川敷での運動をふやしたせいか、そういう時期なのか、体つきがしっかりとしてきました。なんたって、シェパポーズをとってみた数ヶ月前に比べると腿の太さが違う。腿だけでなく、脚全般太さが出てきて、かつ、胸の深さが出て来たせいか、バランスよくみえてきました。

んでもって、河川敷に行かない日は社会勉強と自転車運動をかねて駅前や商店街に向かうのですが、きれいに斜対歩でトロットする割合も増えてきました。たまに側対歩になるのでスピードで調節するのではなく、先生から教えてもらった「テンポを見計らってリードで一瞬だけ吊って前足をぎゅっと持ち上げる」っちゅうのをして斜対歩に戻します。あ、因みに最初は全然効き目が無かったのだけど(そもそも33キロ全体重持ち上げるわけじゃないけど、それでも片腕ですし、自転車こいでるし、かなり難しかった)、最近きれいな歩様になったときに褒めるようにしたのが効いたのか?単に体が出来ただけなのか?わかりませんが、この方法で歩様が戻りやすくなりました。
ま、それにしても、Lenkaのちゃりびき、依然としてかなーりなスピードで、かなーりデンジャラスであることには変わりありません。今日は意図せず前脚を轢いてしまいましたが(汗)一瞬「え?」って顔をしただけで次の瞬間は普通に張り切ってるし・・・。やっぱし、体が大きい子で引っ張る子にチャリ引きを教えるのは怖い。

あ、こんな話題書いたらちゃんとシェパポーズでも載せるべきなんだろうなぁと思いつつ、違う写真。
ちょっと後のわたしが邪魔ですが、分厚くなってきた腿とかしっかりしてきた肩とかよくわかるでしょー。横顔もたくましくなって、さらに美犬。0328.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。