今年来年の目標

子供の時から宿題を8/31に泣きながらしていたわたしは、ちゃんと宣言して自分を追い込んでおくことにする。

IPOⅠ&Ⅱをとる。
年末にあるであろうSchH競技会にⅢでだす。
来年の選考会デビューを視野に入れた構成の練習をする。

鬼に笑われてもいいのだ。



CA390172.jpg
綾瀬川のほとりをぷらぷら散歩中。いつからか、自転車を置いてあるところまで帰るときに勝手に脚側を始めるLenka。あ、わかったぞ。猫おばさんが餌をやる場所の近くを通るので、ボールで遊びながらとおったんだわ。場所による学習っちゅうやつかな。だいたい同じところではじめる。別に訓練中じゃないし、面白いので、右手に携帯を持ってファインダーを覗かずに適当にとってみた。
鼻の穴、でかい。
スポンサーサイト

左足から

引き続き、細切れの脚側。
反省会以降、大きな変更点はわたしの歩き出しの足。以前は普通に右足から出していたのを左足からに変えた。今まで家の中でどう練習しても外での練習に繋がらなかったのが、今回は確実に良い結果がでてきているように思う。それと同時に停座の意識の定着=腰を下げて歩かせ一時停止での停座のスピードアップを図ること。クリッカーを併用している成果がでてきているらしく、効果が見られるらしい。
去年の11月ぐらいから肩をわたしの左足に当てながら歩くようになった。ほんの少し押しているのだけど、傍目には判らないぐらい。「Lenka、前脚の運びがかわった?」という風に、先生にはみえていたらしい。で、この状態の時には自信をもって、かつ集中できているときなのだけど、この感覚がオーバーになってくると斜めになっている。気をつけるべきは特に群集での八の字。左廻りのときは犬が内側なのでいいのだけど、右回りでともすると勢いがついて被ってしまいその状態で一時停止をする羽目になる。当然、脚側停座位置が悪くなる。先に右回り→左でフィニッシュにすればいいじゃんとかつっこまれそうだけど、ココはやはりちゃんと詰めておきたいところなので、右廻りで一番膨らんだところで止ってみるなど、しばらく細かく進めておこう。
もひとつ、今日の練習ではわたしの一時停止の止り方というか足の運びについて先生から細かい指摘。また週末ビデオとってもらって、自分の動作分析しなくちゃなぁ。

IPO/SchHファンである

ファンであるからして、やはり観戦したい。観戦したいけど、実際の競技を観戦できるのは今のところ日本であるものぐらいで、その他は経済的問題と経済的問題があり、ネットに限る。
youtubeや、血統を見たいときはペディグリーデータベースもみるけど、動画だけでなく血統やハンドラーや、そのハンドラーが他にどんな犬をもって訓練しているか、総体的にちゅうか、もすこしデータベース的にまとまって見れるのはworkingdog eu。ハンドラー、繁殖者は自己登録制、犬は世界大会に出たような犬、有名な犬は大まかなデータをスタッフが登録済み。
いわゆる訓練犬なSNSといったところかな?euとつくけど、かなりいろんな国の方が登録されてるようです。

どんなもんかざくっとみるなら、まずはタダでクラシック会員ちゅうのがあるのでそれがお勧めです。
また年会費払うと、去年始まったシステムで、競技会ごとに成績表が出ていて、動画がある場合は、そこから参照できるなんてことも。なかなかコンセプト的には面白いデータベースでもあるのだけど、如何せん、正直なところシェパードに関していうとあまり充実してない。どうせお金を払うなら、SVメディアのほうが、去年のWUSVに関していえば追求以外丸ごと見れちゃうのでお得感があります。だから、欲をいえば、こちらではお目にかかれないFHとかも観たいんだけどな~。どちらかというとシェパード以外の犬種の方のほうがお金の払い外甲斐あるかもしれません。ちなみに年間34,80 € 。以前は完全無料だったのだけど、有料制になったときにノリではいってしまい、ノリで更新してます。
トップハンドラーや有名犬舎の繁殖者もちらほら登録されていて、中にはyoutubeではヒットしない動画もあったりして、(ま、各自好きに動画をアップできるので、youtubeとおなじく「オレのパピーどうよ!!」っていう動画もおおいのですが)ファン心をくすぐるサイトでもあり、また同時に、世界中でいろんな人ががんばってるんやなぁ~と励まされる場所でもあります。


あ、今更ですが、これはAT種で頑張っておられる某ア○○パパへの私信でもあります。みてますかー。
ちゅうことで、一応バナーがあるので、はってみたりなんかして。


www.working-dog.eu
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。