「おばあちゃん」と呼んで下さい

太一君のPCから盗んできた悩殺系ショット
tibiko.jpg
もう、いくらでもカプカプさせてあげます。
スポンサーサイト

乳離れ

只今離乳期間中。
パピーフードをふやかしてどろどろにしたモノ、どうにも食いが悪くてどうしたもんかとおもっていた一週間前、Lenkaががぶ飲みする水を入れた食器に首を突っ込んでいったちび子。水を飲む、というか、飲む行為を真似ている感じか。そうこうするうちにLenkaが食餌をしている食器に首を突っ込むようになった。今度は軽く唸られながらも食べる。といってもふやかしていないので、食べる真似をして一緒に入れた水を飲んでいる感じ。やっぱり、わらわらと複数頭いっしょに食べながら競合していくのって大事なんだよなぁ。真似したり、争ったり、それに釣られてみたり、多頭数で生まれるということは、そうやって、新しい環境に慣れる子だけ生き残る仕組みなんだろう。
とにかくこれは使えると思って、ちびの食餌にはLenkaに協力してもらうことにしてみた。
ということで、Lenkaの食餌も、ふやかす、五回に分ける。
食べる食べる。しかも日々、というより刻々、食べるのが上手になる。一気に食べる量が増えて、ちと便がゆるくなってしまった。もともと食欲はある子だけに、調節が難しいなぁ。けど、この頃からLenkaも完璧に授乳拒否してるようなので(その前段階としては、産箱では授乳、そこから出たら拒否というように場所よって分けていた様子だ)このままちゃんとお腹がこなれてくれたらいいな。
因みになんだけど、Lenka自体が授乳を避けるようになると同時に、おえっおえっと吐き戻すようなそぶりが見られました。わー、ほんとにやるんだな・・・と、また感心してみたり、繁殖は発見と確認の連続なのだ。
この時期お腹壊すと成長に影響するだろうし補助的に調整ミルクも与えているけど、これがなくても大丈夫になったらそろそろチビも巣立ちかな。一旦、Lenkaの実家に帰ります。
TS3O00010001.jpg
一頭しかいないからオットリしてるかと思えば、Lenkaが教育する様子をみてると意外と結構気が強いなぁとおもったりもする。最近人に付いてくるようになり、また甘えてくるのでめっぽうかわいい。ただし、お祝いに来てくれた友人など知らない人がきたときには少し様子を伺うという頭を使う側面も出てきた。そのあと出てきて歓迎噛み付き。
最初は戸惑っていたキッチンからリビングへの段差が、頑張れと励ましつつ降りれるようになったのだけど、そうすると「褒めてー」と来るようになった。こんな小さいのに褒めがわかるのか?と思うけど、「ようやったな」と体側をポンポンしてやるとご満悦の顔をしている。ま、これもあんまりこちらがにやけていると、がぶっとやられるのだけど。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。