生きてマース

すっかりサボってしまった。
んが、ちゃんと生きてます。
産後好調だった体調が9月になって下降。ハプニング続きの出産だったこともあり、今期は体を休ませるためにも体に負担のかかりそうな運動を控えつつ、細々と訓練してます。服従訓練中にはびょんびょん跳ね、放牧中にはびゅーんと走る本犬観てどこが悪いの?といわれそうですが、そもそも犬の体が資本の競技、とにかく訓練やりだすとぐーっと入り込んでしまうこともあるし、次のステップアップのためには強制も必要。そのためにも、一度養生して体力貯金しておこうとおもってます。目標だった選考会出場や、Ⅲ獲得は見送り決定。

とはいいつつも、訓練しないとどんどんワガママになってく、ウチのれんちゃん。プロが好みそうなごっつい気迫を持ったような犬でなはいけど、それでも訓練犬。持って生まれたポテンシャルは、訓練というベクトルに向かわせたいというのと、今まで一番のコミュニケーションが訓練タイムということもあり、ブログはサボっても練習は怠らないよう気をつけてます。


ちゅうわけで、追求。

10月に半年ぶりの練習再開。間が空きすぎたので、様子を見ながらリハビリの段階として次のようにすすめた。
印跡後の放置時間を置かない→15分→30分→50分→60分。
11月に入ってからは、確実に一時間の放置時間を設けている。
最初の二回分の距離は極短いもので様子を見ながら、それから徐々に伸ばす。
これは以前と同じだけど、基本、コースが短くても長くても結果が良くても悪くても、一回一本勝負。
寒くなって木枯しが吹く前に、まずは一時間放置の印跡に対して慣れさせたい。

【全般】
ブランクが長かったから精神面的にももっと初歩の段階にもどっているかとおもったけど、そうでもない。
出てきたらヤダナ~と思う行動、振り返る&戻ってくるがなく、ひたすらやるべきことをやってる感じ。おそらく目の端ではわたしをみたりまたはわたしの存在を感じたりしているだろうけど、それはよしとする。

【指示】
日にちの間隔があいた割には、作業意識が良かったので、ハンドラー的にはかなり安心材料ではあったのだけど、物品に対する指示がすこし不安げになっていた。そんなわけでしばらくの間声で補助をしてやると、伏せる行動の速度と共に自信がかなり復帰してきたようにみえる。

【追求速度】
勘が戻ってきたらしい(?)ので、休み期間中考えていたステップに進むために印跡の歩幅を広くする。印跡の歩幅が短いとゆっくりなのだけど、長いと吊られやすくスピードが速くなる。スピードが速くなるとコーナーで半身出てしまうのだ。印跡の時の歩幅を少し広げて、それでもスピードが上がらないようにするための練習を模索中。追求の競技的というか求められる実行上の性質を考えると、基本はやっぱり丁寧な反復による学習しかないと思う。歩幅の間隔が長くなるとスピードが上がるだけでなく、足跡と足跡の間に草株などがあると壁になってにおいの流れが変わるためか迷いやすい。ここでもスピードが上がっていると迷いの幅が大きくなる。そうでなくても、公園のような地面がしっかりした場所よりも、耕した後の地面はコースが畝のために高低差20センチほどの立体になるわけで、それに加えて、畝に対して薄い角度で印跡をするときには人間が歩きにくいためにふらつき、印跡がばらつく。余計に難しくなる。迷うことを否定するのではなく、迷った時に最小限の動きでいかにして次の一歩を探すのかを求めたい。

【鼻使い】
畝の大きなところをつかうと、どうしてもふわふわしているように見える。くぼみの底に物品を置いたりするのだけど、それは指示できても鼻使いには影響しないようだ。あんまりこだわると、犬が何を要求されてるかわからなくなるように思うので、ビデオで確認しながらも、自分が固執しないようにする。

【他人の印跡/物品】
春の競技会前も数えられるほどしかやってないし、また今秋再開した練習でもまだ試していない。そろそろやらんとあかんな~。

【ジッツ・ひゃ~】
最終物品を指示した後に犬の元に行ってそれを拾い最後に座らせる。レンカはその「ジッツ」がかかると作業が終了と覚えたはいいが、座る時に“ひゃ~”と、アホみたいに、ハジけるようにジャンプしながら座る。(もう一年前からそうなんだけど)それ以前の態度と180度変わる。こちらが落ち着いて座れということでかなり収まっていたと思っていたんだけど、ここ2~3回の練習で距離を伸ばすとその“ひゃ~”が復活してきた。良く解釈すれば、そこに至るまで気持ちを抑えながら(?)自制心を利かせながら作業していると理解できるしそれまでの作業を評価できるが、反対に言えばそこまで抑えてるんですか君?と訊きたくなる。作業内容の反動としての“ひゃ~~~~”か。
ほんというと、服従できてへんちゅうか、文句とも取れるこの態度、褒められたものじゃないはずなんだけど、実は内心可愛かったりする。豹変振りがおもしろいっちゅうか。レンカのキャラクターがよく出てるちゅうか。顔には出さないように、落ち着いて「ジッツ」。
バレてるだろうな。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。