塩原


トレッキングちゅー
スポンサーサイト

続・バナナ護送


以前に考えてみたとおり、普通の練習の前にバナナ護送。一旦バリケンに入れて区切りをつけてから普通の練習。
これがですね、ほんちゃんの練習に意外な効果というか波及がありましてですね、咬み一回目からスイッチが入ってるらしいです。今までは、スイッチを入れるための一回余分が必要だったんです。ただ犬の成長とタイミングが合っただけなのか、関連性があるのかよくわかりませんが。ハンドラー的には単純に練習を分けたかっただけなんですけどね、いやはや、犬の考えることは(考えてるのか?)よくわからんです。


8月9月の目標
ロス後の禁足咆哮の安定化。

バナナは台湾
バナナは台湾やし

メモ

●グリップについて、前回の練習では、ウォーミングアップとしてヘルパー先生がしていてくれてたことが、結実してきたような感想だった。→現時点における本番前の意識付けの手法として応用可能か?


■ステップアップのためのアイデア

●バナナ護送が自主トレではいい感触を得てきた。 が、まだ流れに組み込むには早いと思われる。ステップアップの順序としてはヘルパー先生にも流れの練習の前に、背面護送を手伝ってもらう。一旦練習を切って、その後普段の練習。。。ちゅうかんじでいってみるか。
●追補の角度。ヘルパー先生に視線と角度についてリクエストを出しながら確認を取る。

ご褒美

朝起きるとえらい涼しい。今週末にはまた暑さが戻ってくるらしいし、そすると追求どころじゃなくなっちゃうから、急いで用意して河川敷に向かう。
前回の失敗を踏まえてつけたコースは、棒の部分が長くて全体的にいびつな逆P。
120+A+220+TL+30+TL+200+TL+20+TR+150+A
餌なし
60分待機
大股目
新しい靴
コーナーはどこも二歩で曲がりきる
不用意に立ち止まらない
もし立ち止まっちゃった場合は覚えておく
物品も極力スピードを落とさずに置くというより地面に落とすイメージで
風はスタートの地点でわずかな追い風
草地

新しい靴パワー全開。あ、もちろんがしがし歩いてるわけじゃない。
Lenkaは今までも、新しい靴を履いて印跡したほうがいい結果が得られる傾向にある。
今日の練習では最近の練習の中では時間を短めにしたせいもあるんだろう、えらいよかった。もう少しスピードを落としたほうが確実だなぁど思うんだけど、これがまたコーナーもよくって半身乗り出すことなく、確実にひろってく。もちろん嘘つきポイントもなし。印跡時に立ち止まっちゃったところは、足が一瞬止まって確認をしただけで、わたしの助けなし続行することができた。
曲がったあと側面からのレンカを見ていると、一回一回鼻を落とす感じがいつもより印象に残る。
最後のコーナー90度を割ってたぶん60度ぐらいになっちゃったんだけど、ぐいっと鼻から入っていきました。すてきー。途中から紐を伸ばしきり、最後のコースは紐を持たすに行かせて見たが、ちゃんと自分の作業に没頭できていて、ペースも安定したまま最終をポイント。
ま、たまには失敗なくやらんと、悩みの渦に吸い込まれるもんね。それにしても久々にプレゼントもらったような気持ちになったわ。れんちゃんありがとう。ようがんばった。
あんまりびっくりして、ここのところの「ジッツ・ひゃ~」対策をすっかり忘れて普通に起こしたら、「ひゃ~」という声はなかったものの、びよ~んと飛び上がりました。あら。やっぱりまだまだ抜けてない。次も忘れたら、今度は声も復帰するかな。

それにしても、こんな甘い蜜を吸うと不埒なことを考える。
競技会でも印跡の人新しい靴はいてくれんかなぁ。とか。
なんちて。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。