今日のお買い物


革はぎれパック500g。
こんだけはいって1400円。
物品作りまーす。


スポンサーサイト

これ?ですか?

このところ、やっとこさ物品がわかってきたか?という気配。

日曜日の練習は、ミニ牧草地へごー。一区画の牧草地のなかでも、耕されてやわらかく足跡がつくところと踏んでも足跡がほとんど見えないところと混ざっていて、印跡していても結構どぎまぎ。
そんなハンドラーの心配をよそに、見えてた足跡がふっと消えても変わらぬ様子でやってるんですな。えらいもんだ。ちゃんと鼻使ってるやん。

今回の収穫は なんとなく物品が判ってきたか??と思えるところ。物品は極力何度も同じものを使わないようにしていますが、Santaの場合、なかなわかってきている感触がなくて、同じ物品を2~3回つかっていました。で、二回目使用(再利用)した物品はポイントできるようになっても、初めて使うものが出来なかったんです。 んで、今回はまったく未使用品、サラの物品でわたしが握っただけのものをつかったんですが、ポイントすることが出来ました。
においを嗅いで自信なさげに、まだ「これ?やろ?」ちゅうかんじですが、ええんです。意識に引っかかればあとはこっちのもの。これから自信が付くように練習してやろー。
はー。
ちょっとあせってきていたところでした。
たはー。

これからがりがりーっとついきゅういくわよ。かくごおし。


昨日さんざ振った雪が一面に積もっていて、なおかつ快晴、今日は一面まぶしい銀世界。
風邪がぜんぜん治らないし、どの道この雪じゃあ車も出せないので近所で遊ぶ。
2013011501.png

さんた初めての雪。白い雪に黄色のボールなので一旦見失うとかなり迷ってますが(埋もれてるし)、何回か繰り返すと探すスピードもちっとはあがったかな。

初めての雪で大はしゃぎのSanta。雪かきしていたお向かいさん、曰く「犬は喜ぶんだなーほんとに」。

それにしてもスタッドレスはいておくべきだった。どーなんのか、追求やってみたかったなぁ。
それに、一面銀世界を放牧して遊びたかったー。めっちゃくちゃ後悔。

2013011512.png
おしりがちべたい。

いやいや、早く風邪なおそー。

あけましておめでとうございます

みなさま新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

新年早々風邪ひいてます。何年ぶりだろ。こんなに鼻水たらすの。いかれたのはわたしだけでなく、洗濯機。実家から戻ってきて、廻した洗濯機が調子悪く10年働かせたので引退させ、只今新人君の搬入待ち。
自分が働いている時には乾燥を使いたかったのでドラム式が気に入ってたんだけど、今回は縦型にしてみました。しかし、思い切れずにやっぱり乾燥機能付き。縦型で乾燥機ちゅうたらめちゃくちゃシワがついて使い物にならないと思ったりもするのですが、いざという時にタオルとか乾かせるのは主婦としてはありがたい。これと浴室乾燥でなんとか梅雨を乗り越えよう。
kosami家もこの半年で大型白物家電が入れ替わりつつあります。次は電子レンジかな~。夏ボーまでもつかな。
と、主婦な独り言はさておき。

考えるに、kosami+Santaにとって今年がどんな年になるか、どんな年にするべきかっちゅうと、ひたすら練習を重ねる年にするべき、かなと。中年アマチュアハンドラーの訓練は考えて構成すべきというのが信条ではありますが、ある程度方針を決めた今は、下手の考え休むに似たりだす。そもそも、ぐちぐちと書き並べているこのアタクシが、これを言ってしまっては自己否定になるのかもしれないけど、流れです。Santaとの関係の。そう強く感じる今日この頃。

今、一番見えている問題点としては服従です。心の服従。
どういうところに現れるかというと、やたら文句が多すぎる、要はうるさい。「これであってるやろー!!」とか「えーもーどこがちゃうのー!!」とか。文句を言いながらもやることはやるんですけどね。面白いことに。精神年齢がまだまだおこちゃまなので、なんせ、時間の継続が苦手。その上、自己アピールが激しい。
放牧中の呼び戻しなどはシチュエーションを変えても反応スピードともに至極良いので、一概に服従がわるいといえるものではないと判断してます。
わたし自身、細かいことを教えたいが為、或いは、体は割と大きいのにもかかわらず動きの切れが良いのを伸ばす為に、半ば『芸』として教えている感があるので、服従の、心の部分をつくってやんないとなーという感じです。ただし、今年すぐの目標にせずにじっくりと。

もひとつ。
いろんな動きをいっぱいおしえてみよーというのは、最近のヨーロッパの訓練の傾向だと感じますが、細かいことを教えるのが苦手なわたしの課題にもなり、どちらかというと敬遠していたこんな本もかってみました。
image.png

後で気がついたんだけど、タブレットで見れるkindle版だと半額でした。失敗。
この本のとおりにやるとか、教科書にするとかではなく、堅く思考してしまいがちな自分の脳に風穴を開ける、自由度を与えるひとつのきっかけとして捉えています。
先行してはじめているダンスな動きレッスンでは、ひとつの動きを引き出すのに、個々の体、癖、性格などひっくるめた予測も必要なわけで、それが自分のパートナーを掴む為の、ハンドラーたるわたしのトレーニングになってるなぁと思う今日この頃です。


あ、洗濯機がやってきた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。