火曜日だけど

寝坊したので、すっかり運動のタイミングを逃し、仕方ないので火曜日だけど水泳の日。
どってことのない、夏の昼下がり、水遊び。
さんた泳ぐの絵。

川下側で「入って~」といい、水の中に入らせて、自分は陸上から川上にボールを投げる。水流の抵抗があるので推定結構な運動。しかも、小さな川でも距離がとれるし。二回、同じ事をすると、三回目は一旦陸に上がろうとしたので、( 楽で速い方法を考えたらしい)こりゃさぼるなーと言うと、えーとかもんくたれながらすぐさま水に戻りおよいでおりました。こーいうとこ、すなお?
スポンサーサイト

木曜だけど

木曜だけど、今年初めての水泳。



すっかり、水泳大好きになりました。んが、水場について川にはいるなり最初にするのは、例によって、ブルドーザーのように水面を口開けながら走るってやつでして、一分もしないうちにお腹パンパン。
濡れた方が身体がガッチリみえる特異な被毛のひと。


左反転ターン分析

そういやしばらくぜんぜん訓練のことを書いていない。今日確認でビデオを取ってもらったので細かく見てみました。



そもそも、一緒に回るタイプの反転ターンに、ここまで体型があっていない犬でやることないだろ・・・って自分でも突っ込みたくなるんですけど、いまさら止めるのもシャクなので、変化を楽しみながら進めています。
この反転ターンの動き以外の練習で、後脚を意識的に使うことを犬に教えるべきだとは思うんだけど、ただ、実感としてあるのは、肩周りがほぐれてきてから(ケアの話です)断然スムーズになってきた気がします。結局は前足が前後の位置調整の軸になってるんでしょうね。まずは後脚の自由度、そして最近感じる進歩は前足がスムーズに無駄なく動くこと。これが、おそらく鍵になってるのではなかろうかと。まだ、回る時に少しわたしの体から頭が外れてしまうのですが、それがどのぐらい小さなふり幅で押さえられるかということ、そして回った後に犬を焦らさないよう教え始めは止まり、今は半々ぐらいの割合で少し待ちながらあわせているのだけど、もう少し一連の作業にしていくことが今後の反転ターンにおける課題。

ちなみに、Santa一歳のころの反転ターンは、まだ頭がわたしの体から離れていて安定しておらず、さらに前足がばたばたして、体の反動でまわるイメージが強いですね。


疲れると、圧倒的にスピードとスムーズさに欠けます。ケア必須。

家庭犬修行

今日は車検で車もないので、夕方から歩いてレイクタウンのスタバでカフェタイム。

まだまだっちゃあまだまだなんだけど、一年前に比べるといやー成長したなあ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。