左足から

引き続き、細切れの脚側。
反省会以降、大きな変更点はわたしの歩き出しの足。以前は普通に右足から出していたのを左足からに変えた。今まで家の中でどう練習しても外での練習に繋がらなかったのが、今回は確実に良い結果がでてきているように思う。それと同時に停座の意識の定着=腰を下げて歩かせ一時停止での停座のスピードアップを図ること。クリッカーを併用している成果がでてきているらしく、効果が見られるらしい。
去年の11月ぐらいから肩をわたしの左足に当てながら歩くようになった。ほんの少し押しているのだけど、傍目には判らないぐらい。「Lenka、前脚の運びがかわった?」という風に、先生にはみえていたらしい。で、この状態の時には自信をもって、かつ集中できているときなのだけど、この感覚がオーバーになってくると斜めになっている。気をつけるべきは特に群集での八の字。左廻りのときは犬が内側なのでいいのだけど、右回りでともすると勢いがついて被ってしまいその状態で一時停止をする羽目になる。当然、脚側停座位置が悪くなる。先に右回り→左でフィニッシュにすればいいじゃんとかつっこまれそうだけど、ココはやはりちゃんと詰めておきたいところなので、右廻りで一番膨らんだところで止ってみるなど、しばらく細かく進めておこう。
もひとつ、今日の練習ではわたしの一時停止の止り方というか足の運びについて先生から細かい指摘。また週末ビデオとってもらって、自分の動作分析しなくちゃなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。