わたしがわたしの動きを把握すること

指示なし停座が大分とスムーズになり、それが定着化しつつあるのはあるらしいけど、今日観てもらったなかでは、わたしのある特定の動きでさらにお尻を押し付けるように座るね、と指摘された。先々週のビデオでもそういう感じは映っていなかったので、おそらくこの二週間ちょびちょびとやった練習ででてきたんだろうな。脚側行進してる様子を真横から撮ってもらって、どの動きでどう反応あるいは追従してるか判断した結果、効果的なというか、犬が理解しやすい動きを模索し少し変えて試してみたのだ。変えてといっても、動きの長さにすればほんの数センチのことで、その大きさよりもむしろそれをこちらが意識することなんだけど、犬がそのわずかな違いを見事に見分けている/感じわけていることに今更ながら驚かされるし、それによってほんと、びっくりするぐらいどんどん変化する。Lenkaも考えてるってことだ。
来週見てもらう時までに、もうすこし、わたしの動き方を研究してみよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。