スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

犬の予想を裏切る

そうやって、勝手な思い込みをさせないこと。
先週アップした追補でも、ヘルパー先生が止ると或いは私に対しての指示をだすとLenkaは先読みして勝手に袖を離してしまう場面がある。これを直すための練習を始めた。ヘルパーの合図ではなく、ハンドラーの「だせ」か「持って」の命令で次の行動にでること。それまでは保持をつづけること。ニ~三回繰り返すことでかなり改善されてきた。ヘルパー先生も(Lenkaは)理解が早いとのこと。しばらく意識的にこの練習を続けて、作業に対する理解度を深める。
それにしても、ウチの子えらいんです。ちょっと(いや、かなりか)親バカではあるが、Lenkaは、防衛でも頭の冷静さを保ててるのかなと思う。コマンドを聞く耳をもってる。だからわたしも気を引き締めなければと、も、思う。
今日の『ヘルパー逃走の阻止』は前回の動画のものと違い、かなり角度をつけて鋭角で走ってもらった。この角度でももうばっちりグリップ。ヘルパー先生が倒れこむほどだった。今後しばらくの課題は、トリよりも「逃がすもんか」踏ん張り的行動をイカに引き出すか、どのようにさせるか、にあるようだ。

そして課題克服真っ只中の背面護送。護送中の正確な位置、と言うよりも首から肩あたりをわたしの左太ももに当てるようにして歩かせると言う行動を教えたいのだが、一向に伝えられない。伝わる様子が無い。今日は同胎犬をもつヘルパー先生に根掘り葉掘り聞いて大きなヒントをもらった。ヘルパー先生の犬はこれを覚えつつある。試すとちょっと手ごたえ。自主トレで何とかものにしたい。


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。