スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

IPO2合格しました

関西での試験、無事合格しました。



追求。
失敗しました。やや、一応コースをたどって物品も落とさず合格点は頂いたのですけど、レンカのいつもの追求をさせることが出来ませんでした。普段どおりだと待機地点に連れて行くまでに、追求の意識がみえるのですけど、それがまったくなく、彼女の様子から見えるのは長旅のあとの開放感そのもので、わたしの、マネージメントの失敗といえると思います。IPOの競技会に長距離移動はつき物なので、このあたりのコントロールスキルは、意識して必要ということなんだな。

・・・なんですが、失敗したおかげでとてもためになるアドバイスも頂きました。実際、「単なる試験」をわざわざ京都まで行って受けるのは結構しんどいことではあるんですが、単純に審査というだけでなく、ハンドラーとしてのアドバイスをいただいたことは大きな収穫でした。こうやって苦労してもらえるアドバイスは、わたしの宝物です。よって、そのアドバイスの内容は非公開。



服従は・・・。
いつにもまして脚側行進がひどかった。この科目はBだったんですが、Lenkaは一つ一つの内容がわるくても一応こなすんですよね。それで全体評価としてはGの後半になる。良かった点は平面持来の帰来のスピードがでたこと。ちゃんとギャロップで帰ってこれました。この帰来のスピードを上げる練習は、二年前のサマーセミナーで教えていただいた置き持来に自分の工夫を加えてやっていたけれども、本番で出せたことがなかったんです。「服従をやってる意識」が全体的に薄かったからここだけいい方向にでたのかな?



もうひとつの収穫は防衛。

防衛中の服従がよいいいこちゃんのLenkaは、本番となると、なおさら形だけなぞるパフォーマンスになってしまうことが最大の弱点でした。それがやっとテント以外での禁足がしっかりしてきて、ハンドラー大喜び。しかも前回はヘルパーが止まると勝手に放してしまったのが、今回はわたしのコマンドを待つことができました。これも、ここ半年ほどヘルパー先生にアドバイスを受けながらやっていたことがやっと出せた感じ。今回の規定の改定を知っていたわけではないのですが、これまた以前からシュッツフントクラブのセミナーで「みんなロスをかけるのが早すぎる」とおっしゃっていたのを考慮した練習でもあったので、本番で出せるようになってうれしいです。

そうやってひとつ問題をクリアすると出てくるのがいままで問題でなかった問題。まだ練習を積んでいないところで、犬がやるべきことを解っていない状態なので、春に向けてLG関東のヘルパーさんたち、人犬ともにがんばりたいと思います。

そうそう、今回も関西のヘルパーさんに大変お世話になりました。ありがとうございました。



ちうわけで、まだ中途半端ではありますが、自分的には成果が見えてきてうれしい防衛だけアップしてみました。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。