スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ベビーマッサージ

笑われそうですが、今回の仔犬、三太で試してみてるのはベビーマッサージ。一日2~3回一回に付き長くても五分程度。
Lenkaはここ二年ほど、ストレッチする時間を設けて体調管理につなげているのですが、その下調べをしていたときにドッグマッサージについて書かれた本で述べられていたのが、大型犬の仔犬時期のマッサージの有効性について。大型犬の仔犬時期の成長度合いと来たら、一週間で1キロづつぐらいふえていくわけで、急激なことこの上ない。マッサージをして多少血行がよくなったからといって負担軽減に即つながるとは思えないのだけど、二歳になってからストレッチを始めたLenkaは慣れて受け入れるまで時間がかかったので、その下準備代わりにはなるだろうぐらいの考えです。
やり始めてみて思うことは、仔犬って良く前足後ろ足を咬むでしょう?そういったときにかんでいるところを変わりに軽くマッサージしてやると結構気持ちよさそうにしてるので、それなりに効果はあるかなぁという感触です。長期的にはどうかな。比較検討が出来ないからなぁ。ま、半分自己満足かもしれません。ついでに体のチェック。

最近たまに拝見しているのが馬の調教師さんのブログ。わたしは乗馬も競馬もしませんが、さすがにお金の回る世界、サプリメントを含む食餌 運動、管理の方法論なども良く研究が進んでいるようで、参考にさせてもらってます。
シュッツフント、そういう血統の犬であれば犬も喜び、そして飼い主も楽しい訓練に違いないのだけど、競走馬と同じように体に負担のかかることもおおいので、あのきめの細やかさは勉強になります。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。