スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

計画

去年Lenkaと練習しながら考えてたこと、今度迎える仔犬ではこんなことを試してみようと計画してることがいくつかあった。


服従
1 脚側行進中の左反転ターンを、今までとは違う人犬が一緒に回るタイプにトライしてみる事。
2 それに伴って、正面停座から基本姿勢に移るまでをどうするか?


防衛
1 パトロールの際、時計と反対周りに回す。脚側に付くのも同じ方向だったので、体の片側に負担が偏るを防ぐため。
2 会場が広かろうが狭かろうが、小回りを徹底的に教える。いつもの練習場所では小回りでも、会場が広いと、走るのが速ければ速いほどスピードが乗って大回りになる可能性がある。改めてどこでも、どんな距離でも小回りをハンドラー側が最初から意識して教える必要がある。
etc... 

とまあ、書くのが面倒なぐらいちいさなことがたくさんあるけど、服従の1については、今、足というか体全体の使い方を餌とクリッカーを使って引き出してるところ。前、斜め、そしてここ数日で後に動かせるようになってきました。斜めや後方を教える前に左反転ターンのように回るとばたばたと大回りしながら付いてきていたのが、後ろに下がれるようになったあとで、今日ためしに左反転に回ると、ずずっとお尻を後ろに下げてタイトにまわったので、なるほど~と感心。シェパードでこの手の反転ターンってきれいじゃないだろうとおもっていたんだけど、去年のドイツの訓練ジーガーをみて影響されてしまってるらしいわたくし。みーはーかな、ミーハーかな。
定着するには時間がかかるし、作業にするには年単位だけど、仔犬なんでね、やりこまないようにこれをやった後の散歩は、右脚側につけて(っていうかリードを短く持ってるだけですが)、そのうち、普通に後を回してるかもしれません(笑)
いろんな風に一緒に動いてみて、思考の幅を広げ、可能性を模索中。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。