スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

家庭犬修行

「ウチの子」である犬に、一番先に教え始めてその後も一番重要視するのは、座れでも伏せでも待てでもない、ただの呼び戻しです。
まずはフリー状態での呼び戻しの基本となる、意識/状態を切り替えてこちらに注意を向けること。Santa、目下の課題は、競技会場や、モールなど、誘惑の多いとき、名前を呼ばれたらこちらに注意を向けること。大人犬に遊んでもらっているときにも、たまに呼んでこちらに来る練習。ちゃんと来れたら、褒めてまた遊びに復帰させる。散歩中に何かに意識をとらわれているときに名前を呼んでこちらに注意を向かせて褒める、など。

もうひとつは、普段の河川敷散歩や、さらには山歩きを安全で円滑、そして双方が楽しいものにするための距離のある呼び戻し。
いままで二ヶ月間は、河川敷の人気のない広場でも、ロングリードをつけたままで、少しづつ少しづつ、ずーっとこの呼び戻しの練習をしてきました。反応がずいぶんと良くなってきたこともあり、今日の河川敷は人っ子一人いなかったのでフリーにして様子を試してみることに。ロングリードでの練習の成果が出ててとても良い反応/行動で、「ウチの子」に一歩近づいた感じ。しかし、まだ遠くに離れるのが躊躇われる仔犬ゆえの弱さがあるので、今日出来たことを当てにはできないんですよね。それに、まだまだ犬などのほかの動物や強力な誘惑があると、少なくとも一回の呼びでは効かないと感じます。変な経験をさせないようわたしがしっかりと状況判断をして、少しずつ、着実に、お互いの信頼を築いていきたいと思います。

理想は、平野でフリーの状態のとき、常にわたしの周りにいるのではなく、わたしから遠くに離れても自分の好きに臭いかぎなどをして遊べて、かつ、呼び戻しのコールに対してすばやく素直に反応できること。何かに全速力で向かっているときに、呼び戻しに対して即座に応じられること。(山では他人様の迷惑を考えてもっとそばににいさせますのでご安心を)

正直、Lenkaは、他犬と遊んでいても呼ばれるなんて練習するから、防衛でヘルパーに集中できず(ヘルパーを怖がるでもない、わたしに頼るでもない、むしろ遠慮するような)乗り越えるまでに時間がかかったんじゃないかとも考えたりするけど、やっぱり家庭犬というか、わたしの考える「うちの子」としてははずせない要素なんだな。Santaは自我が強くてしかもちと鈍感なところがあるので、理想への到達は大変そう・・・。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。