スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

初めての車中泊/犬臭い人々/乳歯がなくなった/河川敷´

今回の競技会観戦は、Santaにとっては初めての車中泊だったので、3日間とも、日中は極力出す回数を維持して一応注意して様子をみた。今のところ特に問題はなさそう。食欲も落ちず、便もしっかり。順調に成長しております。お漏らしもなかったし、しっこ太郎という汚名も、そろそろ返上か。

公開練習後の説明で本部テント前に人がたむろっているところなどにもなんとなく連れて行って、競技犬ならではの慣らし。だって、この会場にいる方、みんな恐ろしく犬臭い人ばかりですからね。しかも極端にα臭な人もいるはずで。普段、LG関東で犬臭い人たちに遊んでもらっているわけですが、彼のまったく知らない臭い人たちにも合わせたかったわけです。犬にとっては駅前やモールでは体験できない馴致のはず。
話が外れるけど、ひとつの競技会、つまりは審査員が同じ競技のビデオを続けてみていると、一頭極端に審査員を気にする犬がいると、他の犬も同じように引っかかってたりするんですよね。防衛、6番での話。どの犬も6番での審査員役なんてのには、慣らしてきているはずなのに。6番で普通でも、ほかの監視でいきなり審査員の臭いを確認しにいったりとか。よっぽど臭い香水でもつけてんのかな?とか、いろいろ考えてみたんですけど・・・。(笑)
今回のイローナ・フォルナルさんは、犬が5番テントに向かうまでは4と6の間の少し内側でしっかりパトロールの様子を審査して、6に到達する前にもうすこしだけ6番、外側に寄り、あまり近づかないで、禁足の邪魔をしないようソフトに見守る感じの審査員でした。

と、ま、ここならではの馴致もちゃっかりしてっと。あいつの様子はちゅうと、人に対する性格はめっぽういいんですが、よそ様に相手にされると、わーっとはじけてリードの範囲で(有線ラジコンみたいに)一週走り回り、またちょっかいをだし。。。というかんじで、普段の街中よりは若干浮ついているようなイメージでした。


乳歯が全部抜けました。まだ6ヶ月たってないんだけどな。犬歯なんかも半分しか顔出してないので、あとはドンどこ伸びてもらいます。

帰ってきてからいつもの河川敷ではじけるSanta君。河川敷の中でもこのパートは夏場は草が茂りすぎて入れない場所。土地の高低差があり、枯れ草がベッドのように積もっていたり、砂場があったり、くぼんだ場所に水がたまっていたり枯れた葦のトンネルがあったりとか、自然のアスレチックフィールドのような態で、活動的な犬ならとても喜びます。Santaは初めて連れて行きましたが、先の足場がわからないところにもどんどんジャンプして飛び込んでいく、気持ちの良い遊び方してましたよ。この時期河川敷には野イバラの芽が出始め、葦の切り株などはわたしが靴で踏んでも痛いんですが、たまにキャンとかいってるのでそういったものを踏んでいるのでしょう。そのうちパッドも、もっと硬くなるしね。キャンとかいいつつ、また同じところに飛び込んでるので、そういったところがこの子のいいところでもあり、わたしにとっては訓練が難しくなるところでもあるだろうなぁという気がしました。子供のうちに小さい切り傷をたくさん作って、身のこなし方を学び、どんどんたくましくなれ。
猟犬の練習も良く見かけるので、バッティングしないように要注意。彼らはよく訓練されているので、今のSantaだと、こちらが迷惑をかけかねないんです(汗)

きーつけろよー。水溜りにはいるなよ~。ごらー飲むなー。
___20120412085120.jpg


コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。