スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C296] マッサージ

へー。
話には聞いたことがあります。
  • 2012-11-11 19:30
  • m
  • URL
  • 編集

[C297] Mさま

アジリティ犬で広まったのは、タイムが短縮できたり、どうしてもバーを引っ掛ける子が引っ掛けなくなったり、などというメリットによるもののようですが、シュッツ犬でも障害飛越や防衛での飛び込みに影響があると目論んでます。それよりなによりも、体に柔軟になることで、すこしでも怪我防止になればと思ってます。
  • 2012-11-12 11:39
  • こさみ
  • URL
  • 編集

[C298]

へぇー。
実は私も言われました。
3年ぶりくらいに行った、近所の獣医さんで
「この子、触っても平気?怒らない?」って。
しつけのはいったシェパードはいいねぇ。
てか、本来シェパードはこういう姿だよねぇ。
と、しつけなんてゆるゆるの、
ルディを見て絶賛するので、
どんなシェパードがくるのよ?と
思ってましたけど。。。
この地域に居るんですかね?
触ると怒るシェパード。
あ、話題がそれちゃった。。。
  • 2012-11-18 11:08
  • ashiato
  • URL
  • 編集

[C299] ashiatoさん

触ると怒る・・・といよりも、触りがたいシェパードの比率は高いと思うけどな。俺様に近寄るなオーラを出してるのとか。そこまでいかなくても、ぼくちんは他人と交流したくありませんと控えめに、でも、確実に表現してるのとか。いや、そういう子も、ほんとうはヤだけど飼い主さんの努力で触られるのを我慢できる子になっている場合はあるやろね。
  • 2012-11-18 22:41
  • こさみ
  • URL
  • 編集

[C301]

なるほどねぇ。
みんなかわいいのに。いいこなのにぃ~。
なんて思ってるのはシェパ飼いだけなのかしら(笑)
さんたさん、久々に会いたいなぁ。
もうオバちゃん、忘れちゃったかしら(笑)
  • 2012-11-19 23:14
  • ashiato
  • URL
  • 編集

[C303] ashiatoさん

そうです。みんないい子なのに~なんて思ってるのはシェパ飼いだけ、或いは飼い主だけ?(笑)

たぶん?おぼえてるんじゃないかな?人見知りはしないタイプだけど、特に小さい頃に遊んでくれた人には、すぐに飛びつきます。(すいません、躾できてません汗)
  • 2012-11-19 23:59
  • こさみ
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

ぶるぶるぶるぶる

昨日ははSantaのマッサージの日でした。

正確に言うと一般的なマッサージではなく「腱のケア」なのですが、「腱のケア」とかいてもなんのこっちゃわからんし、なんちゅうか、手のひらで体に触れて施術するために、あたくし的にはめんどくさいんでマッサージと称しております。
かいつまんで説明しますと、腱というは筋肉と骨をつなぐ部位なのですが、疲労物質がたまると硬化し動きのさまたげになるそうです。その腱に対し、手のひらで被毛の上から優しくさするように、震わすように刺激をあたえると、脳に指令が伝わり解けるように硬化部分が感じられなくなっていきます。んで、腱の硬化によって動きが妨げられていたり、犬が違和感を感じていた部分がなくなることによって、可動域が広くなるようです。やや、いい加減なことをシロートのわたしが言ってもなんなので、説明はこのぐらいにしてっと。

まだ一歳になったばかりで心身ともに成長過程の今は、健やかな発育の補助としてよいなぁと思い、晩夏から定期的に通うようになったんですが、この先、運動量も増えてさらには練習にぐぐっとはいりこんで体への負担が増えてしまう頃には、怪我の防止やメンテナンスになるなーと考えて、今後も続けていきます。


というわけで犬の腱のケア、メッカとも言うべき『犬護舎』さんへ。
ぶるぶるぶるぶる

ここに通う犬は施術者の方がアジリティーの競技者ということもあって、アジリティー犬の割合が多いらしく、また、ここ近年はシェパードがおらず、体に触れても平気なシェパードは初めてらしかった(?)ので、まだ数回しか通っていないのに「さんたさんですね」と名前も覚えてもらって、さらには「かわいい!!!」と複数の方に言われて飼い主、かなりびっくりながらも、ご満悦。
道端で「かわいい」といわれても、あー犬が好きな方なんだな・・・ぐらいしか思わなかったんですけどね。
アジリティーという競技も、当然ながら犬とヒトとのコミュニケーションのなかで成立するモノだろうとやらないまでも認識できるので、そういう犬の内面を見ようとする競技者から「かわいい」っていわれるのはね、やっぱり嬉しいもんです。素直に。



コメント

[C296] マッサージ

へー。
話には聞いたことがあります。
  • 2012-11-11 19:30
  • m
  • URL
  • 編集

[C297] Mさま

アジリティ犬で広まったのは、タイムが短縮できたり、どうしてもバーを引っ掛ける子が引っ掛けなくなったり、などというメリットによるもののようですが、シュッツ犬でも障害飛越や防衛での飛び込みに影響があると目論んでます。それよりなによりも、体に柔軟になることで、すこしでも怪我防止になればと思ってます。
  • 2012-11-12 11:39
  • こさみ
  • URL
  • 編集

[C298]

へぇー。
実は私も言われました。
3年ぶりくらいに行った、近所の獣医さんで
「この子、触っても平気?怒らない?」って。
しつけのはいったシェパードはいいねぇ。
てか、本来シェパードはこういう姿だよねぇ。
と、しつけなんてゆるゆるの、
ルディを見て絶賛するので、
どんなシェパードがくるのよ?と
思ってましたけど。。。
この地域に居るんですかね?
触ると怒るシェパード。
あ、話題がそれちゃった。。。
  • 2012-11-18 11:08
  • ashiato
  • URL
  • 編集

[C299] ashiatoさん

触ると怒る・・・といよりも、触りがたいシェパードの比率は高いと思うけどな。俺様に近寄るなオーラを出してるのとか。そこまでいかなくても、ぼくちんは他人と交流したくありませんと控えめに、でも、確実に表現してるのとか。いや、そういう子も、ほんとうはヤだけど飼い主さんの努力で触られるのを我慢できる子になっている場合はあるやろね。
  • 2012-11-18 22:41
  • こさみ
  • URL
  • 編集

[C301]

なるほどねぇ。
みんなかわいいのに。いいこなのにぃ~。
なんて思ってるのはシェパ飼いだけなのかしら(笑)
さんたさん、久々に会いたいなぁ。
もうオバちゃん、忘れちゃったかしら(笑)
  • 2012-11-19 23:14
  • ashiato
  • URL
  • 編集

[C303] ashiatoさん

そうです。みんないい子なのに~なんて思ってるのはシェパ飼いだけ、或いは飼い主だけ?(笑)

たぶん?おぼえてるんじゃないかな?人見知りはしないタイプだけど、特に小さい頃に遊んでくれた人には、すぐに飛びつきます。(すいません、躾できてません汗)
  • 2012-11-19 23:59
  • こさみ
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。