スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

[C306]

お心遣い、ありがとうございます。
実際のところ、講評の掲載には甚く感激いたしました。
見ていても見えてない沢山の意味を、言葉にして戴くだけでなく目でも追えるようにされたということは、kosamiさんが仰るように史上初の試み、史上最高の熱意でしょうね!
感謝で頭がさがります。

「注意と集中」「追求の精神状態」などなど、それぞれの奥の深さにびっくりしました。


狭き門より入れ。その路は細く……。

行けなかった友人と犬一頭 より






[C307] サンディエゴさま

あ、お返事してくれた。すいません。ありがとうございます。
わたしも、講評には目頭が熱くなりました。

狭き門、広くしたいんですよ~。
でもまだ現状せまいよな~。
そういう現状を鑑みて、ジャッジは、わからんことがあれば出場者じゃなくても質問してくださいと講評の注釈に書いていますんで、どうぞ、質問してみてください。こんなこと聞いたらはずかしいかも・・・とか思っちゃ損ですぜ。奥さん。
  • 2012-11-29 11:44
  • kosami
  • URL
  • 編集

[C308]

kosamiさま

ふふ!
質問できるものならば、してみたいのはやまやまどすえ。

柔軟な頭と心、誰か下さい。


改めて。
お礼を言うのはこちらの方です。
いつも、どんな時でもさり気なく細やかな気配りをされるkosamiさん。
行けなかったけど、関わるのは自分の気持ちひとつと教えて戴きました。
ありがとうございました。

それから、写真も最高でした!
真剣勝負のまるで真空の中にいるみたいな瞬間をどれも美しく捉えていて臨場感たっぷり!
素晴らしかったです。
お疲れ様でした。
次、待ってますよ~!!

サンディエゴより

[C309]

おつかれさまでした。
見に行くつもりで、楽しみにしていたのにもかかわらず、行かれず、涙をのんでおりました。

講評の掲載!
ぜひとも拝見させていただきますっ!
  • 2012-11-30 22:11
  • Clea
  • URL
  • 編集

[C310] Cleaさん

そうか、Cleaさんも涙飲んだ組だったんですね。益田氏曰く「SV審査試験のレポート書きを思い出した」という(そちらはドイツ語でしょうが)審査講評、ごゆっくりご堪能ください。
  • 2012-12-01 01:01
  • kosami
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

D-1 2012 審査講評

おそらくD-1 10年の歴史の中でも初めての試み・・・・どころか、日本の訓練犬界においては類を見ない試みか???
審査の講評が順次アップされています。

失格になった方も今後のためにということで途中までの講評を書かれておりますので、審査員の今回ジャッジした犬の訓練を良くしたいという情熱以外の何者でもありませんが、角度を変えてみれば、この競技会の審査が公明正大であることの最たる証です。いや、証などいらないほどわかってはいますが、宣伝ちゅうことで。

用事が詰まっちゃって見学にいけなかったわ、という方も、どういったことが審査されているのか?・・・・
グリップの深い/浅いを観るだけじゃ防衛審査じゃないのね~とか、追求ってこんなに精神状態をも評価されていて、追えりゃーいいってもんじゃないのねとか、服従の注意と集中ってわかれてるけどどーちがうの?とか感じて、疑問に思う。そういう気づき、それだけでも、次の自分の訓練に反映されてきますだよー。きっと。


以上、こられなかった友人への私信でした。

コメント

[C306]

お心遣い、ありがとうございます。
実際のところ、講評の掲載には甚く感激いたしました。
見ていても見えてない沢山の意味を、言葉にして戴くだけでなく目でも追えるようにされたということは、kosamiさんが仰るように史上初の試み、史上最高の熱意でしょうね!
感謝で頭がさがります。

「注意と集中」「追求の精神状態」などなど、それぞれの奥の深さにびっくりしました。


狭き門より入れ。その路は細く……。

行けなかった友人と犬一頭 より






[C307] サンディエゴさま

あ、お返事してくれた。すいません。ありがとうございます。
わたしも、講評には目頭が熱くなりました。

狭き門、広くしたいんですよ~。
でもまだ現状せまいよな~。
そういう現状を鑑みて、ジャッジは、わからんことがあれば出場者じゃなくても質問してくださいと講評の注釈に書いていますんで、どうぞ、質問してみてください。こんなこと聞いたらはずかしいかも・・・とか思っちゃ損ですぜ。奥さん。
  • 2012-11-29 11:44
  • kosami
  • URL
  • 編集

[C308]

kosamiさま

ふふ!
質問できるものならば、してみたいのはやまやまどすえ。

柔軟な頭と心、誰か下さい。


改めて。
お礼を言うのはこちらの方です。
いつも、どんな時でもさり気なく細やかな気配りをされるkosamiさん。
行けなかったけど、関わるのは自分の気持ちひとつと教えて戴きました。
ありがとうございました。

それから、写真も最高でした!
真剣勝負のまるで真空の中にいるみたいな瞬間をどれも美しく捉えていて臨場感たっぷり!
素晴らしかったです。
お疲れ様でした。
次、待ってますよ~!!

サンディエゴより

[C309]

おつかれさまでした。
見に行くつもりで、楽しみにしていたのにもかかわらず、行かれず、涙をのんでおりました。

講評の掲載!
ぜひとも拝見させていただきますっ!
  • 2012-11-30 22:11
  • Clea
  • URL
  • 編集

[C310] Cleaさん

そうか、Cleaさんも涙飲んだ組だったんですね。益田氏曰く「SV審査試験のレポート書きを思い出した」という(そちらはドイツ語でしょうが)審査講評、ごゆっくりご堪能ください。
  • 2012-12-01 01:01
  • kosami
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。