スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

久々に撮って貰ったので

なんだか最近防衛の練習をぜんぜん撮ってなかったので、とってもらった上に苦労してもらって(汗)データをいただいて、折角のなでちょこっとダイジェスト。コマンドのタイミングが悪かったり失敗もあったけど、それもひっくるめていっときます。
あ、いっときますが、うるさいのでくれぐれもボリュームは絞って視聴願います。がはは。




最初はテントでの禁足咆哮の練習。仔犬の時に3姿勢を教えるのに使ったBOXを流用して、禁足位置を教えることを始めました。
今回の練習の目玉は、初めて鳴り鞭を使ってもらったこと。
Santaの行動がどう出るかまったく予想が付かなかったので、まず最初は脚側のコマンドで落ち着いたらヘルパーに視線を向かせ、それから鳴り鞭を鳴らしながら声を出してもらって、Santaがどう動くか、犬に任せて様子を見てみた。結果怯むことなく普通に煽られるように吠え付き向かって行こうとするので、座れのコマンド。意外と静かに聞き入れ座ったまんまヘルパーに集中するのでいいところで持っての命令。鳴り鞭の音とわたしのコマンドの声がかぶさってか一瞬まよったよう。

二回目は、今の状態では煽られてもコマンドを聞き入れられることがわかったので、パターンを変えた。コマンドで座らせた状態で煽り声と鞭を鳴らしてもらって、良い状態のときに持ってのコマンド。コマンドを出しながら、ドイツで買ってきてもらった、今日初めて使うハーネスですこーし抑えてこちらでさらに煽る状況を作り向かわせた。

鳴り鞭を使う前と使った後ではステージが違う心持になるらしく、噛みが一段上がったというのはヘルパー談。ヘルパーの動きを阻止する動きも一層出やすくなったように思う。
なんで鳴り鞭を使うようお願いしたかというと、作業中のうるさいのも、なんだかよく分からなくて、ふわふわカラ興奮してるように感じてたから。急に態度が変わるとも思えないけど、もっと明確にあいつの向かうベクトルを示してやりたいというのがありまして。うまくいえないけど。実際、まだそこまで回数を重ねていない遠距離などでも、一度理解すると狙って静かに待てるんですよね。そろそろぴりっと。

その後、遠距離。距離があくとボディコンタクトの時にヘルパーについて来てしまうのでこのあたりはもっと徹底です。袖も買ったことだし自主トレでもがんばろ~。




コメント

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。