スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gsdlenka.blog46.fc2.com/tb.php/8-d682d5ac

トラックバック

コメント

[C15]

れんちゃんが羨ましい!
グランツも最初に、物品を指示する姿勢と位置をもっと正確に教えてればな~と思うよ^^;
今は追随せずにグランツだけでコースを行かせるよう練習中~
これはこれで難しいポイントがいくつもあって、試行錯誤してるっっ汗
スピードも、それぞれ問題となってる対象が違うから「これ!」っていう回答がなくて難しいよね~
がんばれーーー!私も頑張る!^^

ねえねえ素朴な質問!
エサってずっと使い続けるの?
その意味って何??
これが私がやってる追求とは決定的に違う気がしてさ~
よく知りたいのよ!^^
  • 2008-10-08 14:41
  • ようこ
  • URL
  • 編集

[C16]

>ようこさん

レンカが羨ましいなんて、なにをいってるだか・・・。
で、いきなし私にそんなこみいったこときくの?(笑)
追及じゃなくて、追求の練習を練習をしている人のうちで、最初からまったく使わないって人はおそらくとても少ないのじゃないかなと思うけど、途中で使わなくなる人もいると思いますよ。まったく使わなくなるひともいるだろうし、普段はつかわないようにして犬の様子を観て調整で入れて見るような人もいるだろうし、その逆とか、・・・あ、競技会ではコース上のハナシではなくて作業が済んだ直後にあげてる人もいました。それぞれその人と犬なりのプロセスと状態をみた工夫がいるもんじゃないかなーと思ってます。
最終的に(競技会での理想は)命令のかけ直しをせず、励ましもせず、もちろん叱りもせずに、しかも率先して犬が自信と慎重さと目的意識をもってハンドラーを頼らずに最低600歩で一時間置いた印跡を動けるようにしなくちゃなんない。あくまでも最終的にはの話ですだ。レンカの場合はまだ声にだして叱らないといけない場面、励ましてやる場面は結構あるけど、できるだけ減らしていくというか静かに進める意識でやってます。今日もムダに声をかけた場面があって観てもらっていた訓練士さんにわたしがチェックを受けました(^^ゞ 今のレンカにはそういったときに、コース上にあるエサは無言の励ましになるし確信を持たせる意味合いも出てくるかなーとはおもう。食欲のない子にとっては無意味だけど。
あとは・・・めーるで((爆)
  • 2008-10-08 23:43
  • kosami
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

スピード

CA390089.jpg

昨日の練習の物品。
布切れとペットボトルのキャップは家を出る前に用意してポッケに入れといたもの、もひとつ欲しかったのでウンチ用にポッケに入れといたビニール袋の三つにした。大きさはタバコの縦半分より小さければ何でも使うけど、ペットボトルのキャップはそろそろやめようかな。競技会場でもどこでも落ちてそうだもんな。

追求事始の頃はS字をつなげた印跡ができた。だって、頻繁にエサを置くから犬も『足跡を追っていくこと』に関してはミスがない。当時はハンドリングするわたしも、ひたすら犬がエサを飲み込んでから次へ行かせることのみに集中できたしそのようにして先走りしないことをしっかり教えたつもりだった。・・・けど、ここにきてスピードのアップが気になる。
ただでさえ「ちょっとはやい?」と思われていたのがことさら「はやっ!!」。(つまりゴー快に引っ張ってます)思い当たるひとつの原因のひとつは、今の初期の段階でそれなりにながい直線も練習に入れ始めたこと。直線に乗ると途端に速くなる。んでもって、尻尾ぶんぶんになる。自信をもつのはいいけど、現在の段階では慎重さにも欠ける。例えばカキンと直角左に曲げたとすると、一歩前を嗅ぎ右に振りそして正しい方向にまがるという、時間にすると5秒ぐらいの迷いが見られる。

なんで直線も入れ始めたかというと、確実にコースを把握した印跡が出来るからという、お粗末な理由。うーん、これからどうしようかな。昨日は向かい風をいれて尚且つ10分置いてみたけどあまり様子が変わらなかった。今日、先生に見てもらうのは置く時間を30分ぐらいにしてみようかな。
ちなみに向かい風でも高鼻にはならない。その点ではマル。向かい風の練習を始めた頃は、例えば左前から来る風だと 正しい足跡→こぶし一個右側→次の正しい足跡→そのこぶし一個右側 という風な感じで面白いぐらい頭をふりふりで進んでいたのだけど、何回か重ねるごとにフリフリが減ってきた。先生が犬も学習しますからっていってたけど、なるほどな。


そうそう、前々回、最終物品にボールを使ってみたんです。レンカ、物品を教え始めた頃からというかわたしが教えるという意識無く覚えちゃって、しかもとても反応が良いのですが、少し確かめてみたいことがありました。というのは、前の犬は物品にボールを使うとポイントする前に咥えてしまい、つくづく自分が仕事として教えられてないことを実感したので、そういう分別というか仕事意識があるのかどうか確認してみたくてボールを埋めずに草に隠す形で置いてみたわけです。結果は反応も、伏せるスピードも物品の位置もすばらしいポイント。布切れなどの物品よりもどれも犬の意識が明確に伝わってくるものでした。ただ、ポイントした後に鼻でつつく様子を見せたのでそこだけチェック。

うーんやっぱし、スピードはわたしが引っ張るようにおしえちゃてるのだな~。どーしたもんかな~。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://gsdlenka.blog46.fc2.com/tb.php/8-d682d5ac

トラックバック

コメント

[C15]

れんちゃんが羨ましい!
グランツも最初に、物品を指示する姿勢と位置をもっと正確に教えてればな~と思うよ^^;
今は追随せずにグランツだけでコースを行かせるよう練習中~
これはこれで難しいポイントがいくつもあって、試行錯誤してるっっ汗
スピードも、それぞれ問題となってる対象が違うから「これ!」っていう回答がなくて難しいよね~
がんばれーーー!私も頑張る!^^

ねえねえ素朴な質問!
エサってずっと使い続けるの?
その意味って何??
これが私がやってる追求とは決定的に違う気がしてさ~
よく知りたいのよ!^^
  • 2008-10-08 14:41
  • ようこ
  • URL
  • 編集

[C16]

>ようこさん

レンカが羨ましいなんて、なにをいってるだか・・・。
で、いきなし私にそんなこみいったこときくの?(笑)
追及じゃなくて、追求の練習を練習をしている人のうちで、最初からまったく使わないって人はおそらくとても少ないのじゃないかなと思うけど、途中で使わなくなる人もいると思いますよ。まったく使わなくなるひともいるだろうし、普段はつかわないようにして犬の様子を観て調整で入れて見るような人もいるだろうし、その逆とか、・・・あ、競技会ではコース上のハナシではなくて作業が済んだ直後にあげてる人もいました。それぞれその人と犬なりのプロセスと状態をみた工夫がいるもんじゃないかなーと思ってます。
最終的に(競技会での理想は)命令のかけ直しをせず、励ましもせず、もちろん叱りもせずに、しかも率先して犬が自信と慎重さと目的意識をもってハンドラーを頼らずに最低600歩で一時間置いた印跡を動けるようにしなくちゃなんない。あくまでも最終的にはの話ですだ。レンカの場合はまだ声にだして叱らないといけない場面、励ましてやる場面は結構あるけど、できるだけ減らしていくというか静かに進める意識でやってます。今日もムダに声をかけた場面があって観てもらっていた訓練士さんにわたしがチェックを受けました(^^ゞ 今のレンカにはそういったときに、コース上にあるエサは無言の励ましになるし確信を持たせる意味合いも出てくるかなーとはおもう。食欲のない子にとっては無意味だけど。
あとは・・・めーるで((爆)
  • 2008-10-08 23:43
  • kosami
  • URL
  • 編集
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。